フィンランドの冬の朝は暗いので、学校や仕事の支度をするのはちょっと大変です。学校や仕事は朝8時に始まることが多く、暗い中でも早起きしなければなりません。
それに、朝起きる時はもちろん、通学・通勤の時も暗いんです……。

finnish-breakfast

朝食の時間!

日照時間が極めて短く、帰宅するときには、すでにまた暗い。しかも寒くて、雪の降る日も少なくはありません。それでも、フィンランドでの生活は冬の間も変わりません。

私の平日の日課はこんな感じ:
6:20 –起床。歯磨き、シャワーして髪を洗う。髪を乾かしたらメイクをして着替える。
朝食の用意をする。
6:50 –寝ている娘を起こし洋服に着替えさせる。(フィンランドの学校は制服がなく、私服なので、洋服に関してうるさい娘が選んで着るまでに時間がかかることも)。
朝食を娘と一緒に食べる。
7:20 –娘に歯磨きをさせ、自分用のお弁当を用意する。(フィンランドの幼稚園や学校では給食が出るので、娘のお弁当は必要なし)。学校から帰って来た娘用のおやつがあるかを確認する。
娘に持ち物(教科書、携帯、バスカードと鍵)を確認させる。私も一緒に自分の持ち物(パソコンなど)を確認します。
7:40-7:50 –家を出る
8:00-8:10 –学校へ到着
8:15 – 学校は大抵この時間にスタート。(始業時間は日替わり)。
職場へ行く。(会議が8時に始まるときは、娘を8時前に学校へ連れて行きます)。

娘は地元の学校ではなく少し離れたインターナショナル・スクールへ通ってるので冬は車で連れて行きますが、学校が終わったらバスでひとりで帰宅します。雪がない時期は自分で自転車で4キロの距離を通っています。(娘はまだ8歳なのでまだ色々と私のヘルプが必要です)。

finnish-breakfast

私たちのシンプルな朝食

普段の私と娘の朝食はとてもシンプル。私は紅茶とトーストに最近の私のお気に入りのタヒニ(ゴマののペースト)を塗ったもの。娘にはココアとトーストにハムなどを。たまに娘はオートミールなどのお粥を食べたり、ビタミンC摂取のために砂糖をかけたフィンランド産のベリーをトーストと一緒に食べたりも。
ビタミンと言えば、私は1年中マルチビタミンのタブレットを欠かしません。娘も毎朝マルチビタミンまたはビタミンDサプリメントを摂っています。冬の間太陽があまり出ないフィンランドは、ビタミンDの摂取は丈夫な骨と精神的健康を保つためには欠かせません。

私は、毎朝アイロン掛けしなくても済むよう週末にまとめてしておきます。娘と私はあまり計画性がないため翌日の準備を寝る前にしないのですが、前の日にちゃんと準備をしておけば早朝がもっとスムーズにいくのかも。平日の朝は、子供番組とおもちゃやスマホで遊んでは禁止と娘に約束させています。そうでないと遅刻してしまうから。

finnish-breakfast

娘のアマヤは肉が好きでよくハムをトーストに乗せます。

finnish-margarin

              オメガ3、オメガ6とDHAが入ったマーガリン。私たちはなるべく健康的な食生活を送れるように努力しています。このマーガリンは脳と目の働きに良いそう。

finnish-breakfast

塩蔵のサーモンと、ゆで卵を載せたトーストを朝食に。(別の日のもの)。

finnish-berries

冷凍のブルーベリーとコケモモに砂糖少々。ヘルシー!

finnish-lunch

私のお弁当はサンドイッチと、コーヒーを。

finnish-morning

娘のアマヤが持ち物をチェック中。全部入ってるかな?

finnish-morning

私のパソコン用のリュックとランチ用の手提げ袋。準備完了!

finnish-morning

マフラーをぐるぐる巻きにすれば冬の早朝でも寒くありません。

finnsih-morning

いってきます!

finnish-early-morning

外はまだ暗い……。

finnish-early-morning

……そして雪も積もってる。

finnish-early-morning

さあ車に乗って。シートベルトを忘れずに!

finnish-early-morning

バイバイ!学校がもうすぐ始まるよ。楽しい一日を!

finnish-early-morning

私は車を駐車場に置いて、職場へと歩きます。冬のオウルでの賑やかな朝……。

翻訳:石森弘子

Cover photo by Visit Finland

monika-profiili

モニカ・ルーッコネン
モニカはフィンランドのライフスタイルの専門家。
日本向けに、フィンランド式の生活についての本を執筆しています。