もうすぐクリスマス!フィンランドでは、クリスマスはとても大切な休暇で家族や親戚と一緒に過ごします。サンタクロースにとっては、1年で一番の大忙しのシーズン!サンタクロースとトントゥ(妖精)たちは、世界中の子供たちから届いたクリスマスに欲しいものリストに目を通し、12月24日か26日にそれらが届くように準備をするのです。

SHOP クリスマス

サンタクロースはどこに住んでいるの?

サンタクロースはたった一人。フィンランドに住んでいるんですよ!神秘的な北極圏のラップランド地方のロヴァニエミという街にサンタクロースの家があります。北極圏では、オーロラやトナカイを見ることができます。サンタクロースの家には誰でも1年中訪れることができ、そこでサンタクロースとお話をしたり、そのうっとりするような空間を堪能することができます。子供にとってきっと世界中で一番興奮する場所ではないでしょうか。サンタクロースは、注意深く子供のリクエストを聞いてくれるし、時々クリスマスソングを1~2曲ほど歌って楽しませてくれることも!サンタクロースはとっても歌が上手なんですよ。

Visit-finland-SantaClausePhoto by Visit Finland / Jani Kärppä (Flatlight Films)

SHOP キッズ商品

サンタクロースの公式な仕事って何?

サンタクロースの1年で一番重要な使命は、ふわふわのトナカイたちと一緒に世界中に幸せを運ぶこと!サンタクロースは1年を通して、どのようにより多くのの喜びや幸せを世界中の大人や子供に届けるかを考えているのです。

Visit-finland-SantaClausePhoto by Visit Finland

サンタクロースを手伝っているのは誰?

フィンランド語でトントゥと呼ばれる妖精たちは、サンタクロースのよきお手伝いです。クリスマスの準備を手伝い、子供たちに良い子でいるように思い出させ、さらにサンタクロースに働きづめにならないように適度にホットチョコレートを飲んで休憩させることもトントゥのお仕事。 トナカイたちも、サンタクロースにとっては大切な仲間。クリスマスに世界中にプレゼントを運ぶ重要な役割を担っているのですから! ミセス・サンタクロースはサンタクロースの一番近くで何世紀にも渡って手伝っている女性です。彼女は美味しいおかゆをトントゥやサンタクロースに振る舞うのにてんてこ舞い!

SHOP プレゼント・贈り物

Visit-finlandPhoto by Visit Finland

Aarikka-tonttuPhoto by Aarikka

翻訳:石森弘子

Cover Photo by Visit Finland

Go to shop

inkeri-profiiliinkeri-profiili

インケリ・メンツォーニ (Inkeri Mentzoni)
キデマーの創始者のインケリ・メンツォーニです。8歳の男の子のワーキングマザーで、ヘルシンキ在住。15年ほどアメリカに住んでいましたが、4年前にフィンランドに帰ってきました。理由は子供にフィンランドで子供時代を過ごさせたかったから! フィンランドの社会は母親業と並行して、キャリアをしっかり築くこともきちんと認めてくれるから、仕事が好きな私にとっては最高の環境で、とても感謝をしています。私がヘルシンキを好きなのは、それはどこにでも歩いていくことができるコンパクトさと、自然にあふれていることですね。