サウナという習慣がフィンランド発祥かどうかは、その歴史があまりに古く、しかも世界の広範囲にわたって似たような伝統を持つ地域があるので、実のところはっきりした答えはわかりません。ただ確かなのは、フィンランドには、人々がこの地で文化を築き始めたころからサウナという温浴文化が存在していたこと。

ayana-saunaPhoto by Visit Finland / Harri Tarvainen

そして、サウナ(Sauna)は今や世界で最もよく知られたフィンランド語単語で、サウナと聞けば世界の誰もが似たような場所や行為をイメージできること!サウナという言葉を聞いたことがないという人は、もはや珍しいのではないでしょうか。

ayana-saunaPhoto by Visit Finland / Harri Tarvainen

それでも、ここであえて言いましょう。日本人の多くがイメージする「サウナ」という場所は、本場のフィンランド人が定義するサウナとはどうやらかなり異なる、ということを。日本人に「サウナってどんな場所?」とイメージを尋ねてみると、「テレビ付きの高温の室内で、砂時計をチラチラ気にしながらじっと我慢して、汗や老廃物を出す場所」というのが、まだまだ一般的なイメージであるようです。いわゆる、日本のお風呂屋さんやスーパー銭湯にあるサウナ室のイメージですね。これはこれで、元来お風呂という独自の入浴文化を持つ日本人が、自分たちが面白い&心地よい、と思う形にアレンジしてきたユニークなハイブリッド文化。けれど、フィンランド人がサウナを定義する際にもっとも重視する要素が、ほとんどの日本のサウナにはない…というのは、ちょっぴり意外ではないですか?では、本家のサウナ文化で絶対に欠かせない要素とは何なのでしょう。

ayana-sauna伝統的なサウナ小屋の内部。右の積み上げられた石に水をかける。

それは、「自分たちで作り出した蒸気を浴びる」ということです。フィンランド人にとって、サウナ室が「ただ熱い場所」というより「蒸気を浴びる場所」だったというのは、私も本場で初めて体験して目からウロコでした!フィンランドのサウナ室には必ず、石が敷き詰められたストーブが存在します。ストーブのタイプには、昔ながらの薪ストーブもあれば、モダンな電気ストーブもあります。けれど仕組み自体は今も昔も同じ。あらかじめストーブの熱で石をカンカンに熱しておいて、裸になって入室してきた利用者が、桶に汲んでおいた水を柄杓で焼け石にかけます。その瞬間じゅわっと天井向けて噴射される熱々の蒸気が、やがて室内を対流しゆっくり下方へと降りてくるのを、じんわりと肌で受け止めるように浴びて悦に浸る…。

ayana-sauna
サウナストーブに水をかけるための桶と柄杓は、日本の風呂桶にそっくり!

この一連の行為の繰り返しこそが、フィンランド人にとっての「サウナ浴」なのです。ちなみにこの蒸気のことを、フィンランド語で「ロウリュ(Löyly)」と呼びます。この呪文のような言葉、昨今は日本のスーパー銭湯の蒸気浴タイプのサウナでも使われつつあるそうですね。

ayana-saunaヘルシンキで話題のパブリックサウナ「LÖYLY(ロウリュ)」
Photo by Visit Finland / Nikolai Alin

もちろん、蒸気を発生させるほど室内の温度は上がっていきますが、それでもせいぜい60〜100度のあいだくらい。しかも、蒸気を出すほど室内の湿度もあがって潤っていくので、息苦しさは不思議と緩和されていきます。入浴時間も人それぞれ。フィンランドのサウナには砂時計は存在せず、慌ただしい日常から開放された空間で心ゆくまでリラックスします 。さらに、サウナ浴の間は休憩スタイルも飲食も自由。ある人は水やビール(!)を片手に入浴し、ある人はサウナストーブでソーセージを温め、またある人はバスタオル一枚でベランダや外に出てクールダウンして、体が冷えてきたらまたサウナ室に戻ってきます。

ayana-sauna
街にある公衆サウナの店頭では、バスタオルを巻いた姿の人がいるのが普通の光景。

外の通行人も、誰かが頭から湯気を立ち上らせバスタオル一枚の姿で屋外に出てきたら、「ああこの人は今サウナを楽しんでいるんだな」と察して、もちろん通報なんかせず通り過ぎていく寛容さ。ストーブに水をかけるペースだけでなく、楽しみ方も自分たちで自在に決定できる。その自由さや気楽さこそが、フィンランド・サウナの一番の魅力ではないでしょうか。

ayana-sauna
Photo by Visit Finland / Harri Tarvainen

私は仕事柄、あまりフィンランドのことを良く知らないままに日本からビジネスにいらっしゃったお客様とご一緒することが多いのですが、仕事終わりにサウナにお誘いすると、始めは「私はサウナは苦手だから…」と、日本でのサウナ経験を元に難色を示される方も少なくありません。それでも、「フィンランドのサウナ体験は、日本とはまた違ったものですから、騙されたと思って!」ともうひと押ししてお連れすると、結果、相当な高確率で「思っていたのと全然違った!」「これはハマる!」と、好意的なコメントをいただき、翌日以降もリピートされるのですよ。 入浴が好きな方なら、絶対にフィンランド・サウナも気に入ってくださるはず。だからフィンランドにお越しの際は、ぜひ一度体験していってくださいね!

ayana-sauna 湖畔に建てられたサウナ小屋。サウナ浴の合間に湖で泳いでクールダウンできる。

 

 

こばやし あやな
2011年にフィンランド中部の都市ユヴァスキュラに移住し、国際結婚を経て、2016年にユヴァスキュラ大学の修士課程を修了。 在学中から「Suomiのおかん」の屋号で在住ライター、通訳翻訳者、メディアコーディネーターとしての活動を始め、大学卒業後は会社を設立して個人事業を続けています。地方都市のツーリズムや文化・スポーツ全般、そして特にフィンランドのサウナ文化についての調査や執筆、コーディネートを多く手がけています。