夏休み都会を離れて、田舎で時間を過ごすのが大好き。両方の両親が、1つずつコテージを持っているから、2つのコテージの好きな方に行くことができるんです。アウラの家のコテージは、クオピオというヘルシンキから400kmほどのところにあり、エリアスの家のコテージはスオメンニエミというヘルシンキから250kmほどのところ。私たちは車を持っていないので、いつも電車とバスで向かいます。

aura-elias-summer-cottage

今年の夏は海外旅行に行かなかったので、いつもよりも長い時間を田舎で過ごしました。イリスはコテージで親戚やいとこ達と過ごすのが大好き!

aura-elias-summer-cottage

aura-elias-summer-cottage

コテージで過ごす一番のいい点は、外で時間に追われることなくみんなで過ごすことができること。庭で朝のコーヒーを飲み、たくさんの本を読み、会話も十分できる。なぜなら、そこではパソコンや他の煩わしいものたちから解放されるから! 湖で泳いで、そのあとにサウナに行ったり(サウナは最低1日1回は温めます)、魚釣りや、バーベキューをしたり。夏のゲーム、ペタンクやクロッケー、モルックもする。(モルックはとってもシンプルなフィンランドのゲームで、立てた木のピンを倒すために、他の木のピンを倒す、シンプルだけどとっても面白いゲーム!)

aura-elias-summer-cottage

休みの間、私たちは夕飯と飲み物について考える余裕も出てくるんだ。コテージの庭から摘んだ新鮮なミントの葉っぱいっぱいのモヒートは特にお気に入り。地元で採れた夏の新ジャガや、夏にしか味わえない食べ物を満喫するのもコテージの楽しみ。夏のジャガイモといちごの美味しさといったら!

aura-elias-summer-cottage

aura-elias-summer-cottage

夕飯に何を食べるか迷った時は、いろいろ少しずつ食べることにしているんだ。名付けて「夏満喫ご飯!」レイパユースト(フィンランドのラップランド地方のチー)ジャガイモ、グリーンサラダとスイートポテト、魚など。簡単だけど、とっても美味しい!ポテトはバターやディルが入ったサワークリームソースにレモンを絞ったものと一緒に。これはフィンランドや北欧で夏には特に人気のある食べ方。

aura-elias-summer-cottage

aura-elias-summer-cottage

こんな感じで、ゆるい時間を家族で過ごすコテージが一番。混雑しているビーチリゾートで過ごすより、何千倍もリラックスできるから。

aura-elias-summer-cottage

aura-elias-summer-cottage

翻訳:石森弘子

go to shop

 

 

 

aura-elias-profiili

アウラ&エリアス (Aura & Elias)
私たちの家族は、パパのエリアス、ママのアウラ、そして2015年7月生まれの娘イリスの3人。イリスはお人形のお世話をしたり、おもちゃで遊ぶのが大好き!
エリアスはクラシックのミュージシャン。フルート奏者であり、フルートの先生でもあります。もう少し広げて楽器の修理の技術も身に付けたいと思っているところ。
アウラはヘルシンキ大学を卒業したばかり。今はイリスの育児に専念しています。
清潔で、健康的でエコなライフスタイルを、ヘルシンキの真ん中でできることに感謝しています。
私たちのブログでは、ヘルシンキという都市でのフィンランド人の暮らし方をご紹介します。