夏のフィンランドの森ではたくさんのベリーを摘むことができます。冷凍保存して冬の間も毎日食べることができますが、乾燥させてドライベリーとして味わうこともあります。

aoi-dried-berries

こちらのBiokiaのドライビルーベリーは乾燥させることで甘さが増して、お腹が空いた時にスナックのように食べています。

aoi-dried-berries

うちでは冷凍保存をしているベリーもありますが、解凍させる必要がないドライベリーは朝食などで大活躍です。朝時間がない時に、ヨーグルトの上にフルーツとナッツと一緒に乗せて食べます。ドライベリーは甘さがあるので、お砂糖の入ったジャムなどを使わずにヨーグルトを美味しくしてくれます。

aoi-dried-berries

バナナ、オートミルク、オート麦、お好みのフルーツとドライブルーベリーを一緒にスムージーボウルにして朝食にすることもあります。スムージーボウルはとてもヘルシーで朝食べると元気いっぱいになります!

aoi-dried-berries 

 

 

aoi-profile

吉澤 葵
2006年北欧に移住。スウェーデン、ノルウェーでテキスタイルアートを学んだ後、ヘルシンキのアアルト大学院(Aalto University)にてテキスタイルデザインを専攻。
卒業後はデザイナーとしてヘルシンキを拠点に活動中。フィンランドの季節感が大好きで、夏は湖で泳いでベリー・キノコ摘みに夢中。フィンランドの自然の楽しみ方、ヘルシンキのライフスタイルについてお届けしたいです。